天明の大飢饉(てんめいのだいききん)とは江戸時代中期の1782年天明2年)から1788年(天明8年)
にかけて発生した
飢饉である。江戸四大飢饉の1つで、日本近世では最大。

天明の大飢饉と黒点

もどる

現在が天明の時期と相似にならねば良いのだが?

疫病、戦争は黒点の減少に伴って現れ唯一まだ確認できないのが飢饉。
しかし、現在の状況からこの現象が現れるのではと危惧するものである。