最も強い力

もどる

物理学と人文の深いつながり

最も恐ろしい兵器は左図の原子構造になる原子を分解したときにおこる
熱反応です。

自然界にある最も大きな原子であるウランを無理やり分解させるといろんな
原子が発生する。
その際できた原子の中の中性子や陽子数が合わなくなる。
その差額が熱エネルギーとなる。

中性子などの素粒子をくっつける力はとてつもなく強力で最も強い力と
言われている。


物理学で言われる弱い力は引力でです。
重たい戦車に人が引き寄せられるのは引力ではなく露ロシアのような
独裁者が欲しがる強力な脅かしができるからに他ならない。


さて両者とも非常に強力な力を持っているが戦車の重さの力は殆ど
感じないでしょう。 戦車に興味が無い人は傍によっても引っ張られません。

肝心なのは 弱い引力は数億光年先にも
                 影響を与えられることです。

いくらすごい強力な武力を持ってる国でもやがて滅びます。
お金の力や暴力の力は原子核力同様で近接した素粒子の間では作用しますが
ちょいと離れると全く無関係 (しがらみはある。:もつれはあります。)
従って借金をした方々は借金取りから遠くに逃れるます。
金の力は距離に反比例し弱くなるのを本能的に人は知っているのです。

金の切れ目が 縁の切れ目 
とかくこの世は義路と人情 義路を通せば道理がへこみ 人情に竿させば流される。

ってなもんです。
人文の世界では 最も強い力は  武力 権力 金力 ですが これらは近接的な力
しかし、最も長期にわたり 遠方にも届く力は

石をも貫す水の力かな  (みずも長年には石も貫通する。)

それが愛情なのです。 愛のある文学 人 は太古の昔から私たちを支配しています。
その力を信じない権力者悲惨な末路が待っているだけです。


蛇足----------
もしも神様が居たら もし人を創造したなんらかの意志があるとしたら
「 私は神様です!? 」
言うように愛がすべての目的であるとするなら 愛に反するものの生末は汚名と共に
亡び輪廻転生の流転に飲み込まれるのでしょう。
しかし例え神さんと言えども自らこさえた法則は無視できずあくまで偶然という奇跡に従って
なされることでしょう。
それを後の方がは歴史の中に見出すことでしょう。
愛の力も距離に反比例し弱くなるが無くならない。
恋の力は距離に反比例して弱くなり時間とともに消え失せるはかない運命ですな!!。
残念!!



エンド