実働試験結果

試験条件
電源電圧  38.8V
負荷     10K:8 SP 8Ω 負荷の両端で電圧測定
                    オシロにて
2P3      600mV MAX 
3S4      550mV MAX

入力      ホイーストンブリッジ発信機 1KHz MAX 6V
C電源電圧  ー3V
A電源      1.4V

C電源が完璧に設定できるとほぼ同一の性能であるが、
2P3はプレートは160Vまで可能だ、 3S4は90Vであるからして
B電源の電圧で出力が変化するであろう。

なお出力波形を見ながら若干の微調整を行いMAXを計測した。
実験用トランス仕様別電源を使用。

戻る