大磯まちづくりフォーラム

9月6日(日)聖ステパノ学園(海の見えるホール)で開催されました.。
大磯だいすき倶楽部がNPO設立を機に開始、今年で3回目、今回のテーマは、
地域のたまり場「コミュニティ・カフェ」。基調講演は、公益社団法人長寿社会文化協会常務理事の
浅川澄一氏
話のメインは、日本の高齢化社会の現状と介護保険制度の変更による要支援1,2
の方の
受け皿が地域自治体に移り、その受け皿としての「コミュニティ・カフェ」の役割重要になる事。
記念講演は、NPO法人Dカフェ 代表理事 竹内 弘道氏

認知症の母親に10数年寄り添ってきた経験から、認知症本人と
その家族のケアとして開設した認知症カフェの紹介。

お二人の話は、高齢者や認知症の身内を抱える家族にとって大変有意義な内容でした
(アンケートから)。
又、後半のパネルデイスカッションについては、それぞれのコミュニティ・カフェ実践者の実態と課題が
明らかにされました。当日配布予定だった、コミュニティ・カフェガイドブック 
大磯版「風の道 大磯」は希望者に後日お届けする予定。

戻る

基調講演 講師 浅川 澄一 氏           記念講演 講師 竹内 弘道 氏

end