レーダー警報警報システム

もどる

ドップラーレーダーを使った。侵入者警報

もっとも簡単な秋月で販売されているJRCのレーダーを使用

昼間の警戒用です。

赤外線は夜間のみの活躍なので 昼間は役に立たない。
もっぱら侵入者に警報音を聞かせるのが目的。
都会では 近隣の苦情が心配だが、田舎は問題ない・¥。

塩ビパイプの中に、レーダーと CDSが封入
されている。
レーダーは電気を5V 50mA と大食い
箱の中はコントローラーと、バッテリー
ソーラー充電コントローラ等
バッテリは中古の18AH と 7AH(新品)を
並列に設置してある。

庭の中に ソーラーパネルがあり
電力を供給。

ブザーは20mも先に設置されている。もちろん
有線で接続。
秋月の一番大きなブザー(ピエゾ素子)80db以上

例によって 12F675 で作りましたが 8ピンなら
なんでもおんなじ。

HI-TECHc 9.8 で作成。

プログラムは簡単だが アナログ的な調整
特に レーダーの閾値 ブザーのon 間隔
等 調整が面倒であった。

ついでにLEDライトも設置予定だが今回は
別に防犯ライトがあるので 取り付けなかった
ただし、回路は作成済み 配線だけすればOK

TX とあるのは無線玄関チャイムのボタン押し
を「させて、遠隔地100m以内に知らせるための
SWも併せて、くみこんである。

DayDream Watcher