6ZP1 AMP

modoru

もらい受けた真空管での制作もついに6台目になり最終段階。
5極管の代表 6ZP1 にいたれる。

単純な3極管接続としています。
初段はおなじみ12AX7Aとしました。

今回は固定バイアスにして自由に動作点を選択できるようにしました。
制作当初 Ep 180V G1 −10 と教科書通りに設定しました。

少しばかりG1電圧を変化させると出力も変化し波形も若干変わるようです。
今後気に入った動作点にしようと思ってます。

DC-DCは±が標準出力で固定バイアスはVRによる分圧だけ
−30V〜0Vまで可変できるように設定しました。
Evは400Vまで可変です。

真空管の延命装置はPIC12F509でソフトPWMとし
B電圧は60秒遅延にしました。
完全にヒータ点燈したのちB電源が4入ります。
勿論 モニターは2LED とし 待機表示付き。

割とがらんどうな 6ZP1 です。